»
社長ご挨拶

「人間は食べたものそのものである」
という想いと
「健康作りのお手伝い」
という創業時の理念

代表取締役 社長 岩田 将東い和多は1965年の創業より事業所向けの弁当給食に取り組んでまいりました。
「人間は食べたものそのものである」という想いと「健康作りのお手伝い」という創業時の理念のもと、一貫して美味・安全・リーズナブル・作りたて、しかも栄養に富んだお弁当をお客さまにお届けしております。さらに、栄養バランスのよい食事を提供する企業認証「スマートミール」の導入など、業界に先駆けて新しい価値を創造し続けております。

近年、食品の安心安全が様々な角度から議論されており、私どももきわめて重要な課題であると考えています。

トレーサビリティーとその安全性をお客様にかわり確保すること
常に適切な調理方法や品質管理に努めること
活習慣病と食育に毎日のお弁当を通して積極的にアプローチし続けること
提供方法や問題の解決はそれぞれ状況の異なるお客さまに対して適切であること
それらが環境にとって、より望ましい方法であること

これらひとつひとつの課題に対し、真摯に、そして全力で、さらなる進化をし続けることがお客さまのご満足につながるものと信じております。
今後とも誠実に“食”に向き合い、人と人とのつながりを大切にし、すべてのお客さまにご満足いただけることをめざして、地域社会の信頼に応えてまいりたいと思っております。

株式会社 い和多
代表取締役 社長 岩田 将東

pagetop